オンラインゲームはマビノギ、他、音ゲーや食事など、日常の他愛もないことを書き連ねております。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
2013年08月29日 (木) | 編集 |
んー…
何といいますか、頭を使ってます楓です。
どうもこんにちは。

突然ですが、仕事をしていて、ナントナク思うのが、デジタルな人が増えてきてるなーってことです。




いや、それが悪いワケではないのですが、完全にデジタルなのはどうなのかなーと思うわけですよ。

ここでいうデジタルというのは、一般にいうデジタルとは少し違っているとは思うのですが、取扱説明書といいますか、データ重視な考えの人が多い気がします。

データは重要だと思うけど、絶対ではないと思うんだよね。

他のお店でどうだとか、それを自分の店に丸々移すのは違うと思うけどなー。
長所、短所があるわけだし。

まあ、言っててもしょうがないんだけど、もう少し人間味があれば…って思います。
スポンサーサイト


2013年08月26日 (月) | 編集 |
というわけで、こんにちは。
気になるものをお届け、グータラ好きな楓です。

今回はコレ。
『バーン・ノーティス 元スパイの逆襲』です。
『24』はあまり興味がなかったので見なかった。
『プリズン・ブレイク』は見たかったんですが、レンタルにいちいち行くのがめんどくなって、途中で投げ出しました。
なんでコレに興味持ったかっていうと、主人公のマイケルの吹き替えをやっているのが、栗田貫一さん。
まあ、おなじみな二代目ルパン3世ですね。
なんかスムーズに、入っていけそうな気がしたので、見てみることにしました。


バーン・ノーティス=『解雇通知』。
主人公のマイケルはスパイですが、突如解雇通知を受けてしまいます。
財産は全部没収され、命からがらマイアミに帰ってくるのですが、何者かにハメられたわけですね。
それを暴くために、困った人たちを助けながら真相に迫っていく、という感じでしょうか。




スパイのときの仲間を訪ねて、どうにかして協力を仰ぎます。




一話を見た中で、個人的に好きなシーン。

住むところをなんとか見つけますが、一階にはヤクの売人が住んでいて、とある事が原因でいちゃもんをつけられます。
なんとかやり過ごすのですが、今度は銃を持ったお客さんが・・・

銃を持ったお使いが来た時点で話合いは出来ない。
処理することにします。



ドアは防弾仕様ですが、壁は単なる石膏。



ホームセンターで買ったテープで目印をつけて・・・





チャイムを鳴らします。

「すみませーん。二階のものでーす。」





相手がドアのそばまで来たら、バァーン。






こんな感じです。

ちょいちょいスパイの心得みたいなことを言ってたりするんですが、なかなかそれも面白い。
真相まで辿り着いていませんが、時間があれば続きを見ていきたい感じですね。


ただ、24やプリズン・ブレイクと一緒なので・・・・


長いっ!


って言うのが難点かな?


2013年08月26日 (月) | 編集 |
なんだかすっごいこんなパターンが多いような気がします。
初めましてな人は初めまして。
そうでない方はこんにちは。楓です。

二次認証なるものが必要になったのですが、登録したhot○ailからアドレスが削除されてたんですかねえ・・・
なんか入れなくなっていましたので、敢え無く新ブログを立ち上げることと相成りました。

そういうのってすごい困っちゃうね。
まあ、不正アクセスとかあるみたいだから仕方ないんだろうけどさ。


一応、このブログは私のなんとなーくな日々を連ねていくブログです。

食べ物の話やら、音ゲーの話やら・・・
なんかそんなことをなんとなーく書いていきます。

たぶん、タメになる話は一切ありません(笑)