オンラインゲームはマビノギ、他、音ゲーや食事など、日常の他愛もないことを書き連ねております。
  • 02«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »04
2016年03月12日 (土) | 編集 |

どうもこんばんは。

非常に重々しいタイトルなんですが、そんな感じで始まりました楓です。

単刀直入に言うと、祖母が危ないらしいです。

祖父がなくなったときにはあまり実感がありませんでした。

自分がかなり感情が欠落した冷たい人間だなぁと思っていたのですが、歳もあるのかもしれません。

今回は祖父にも祖母にも、今まで何をしてあげられたんだろうと言う自己嫌悪というか罪悪感の念に苛まされております。

二人になにも出来ていないということは両親にも何も出来ていないんですが。

その報告をしにバイト先へ言ってきたのですが、オーナーと話をしている間、若い子達がチャチャを入れてきました。

まあ、事情を知らないので仕方ないとは思います。

自分もそれにのって明るく振る舞いましたが、実際は腹の底の黒いものが出そう…かもしれません。

空気を読めっていうか、若いからなんでしょうけどね。

死を意識すると気分が滅入る。

きっと誰も見てないだろうし、気付かれることもないでしょうから内側を吐露しておきます。

はぁ、なんか独りなんだなぁと。

自分は何をしているんだろう?

よくわからないですね。

この時間はなんなんだろうか。

意味あるんだろうか?

はぁ、墜ちる堕ちる。

スポンサーサイト


2016年03月08日 (火) | 編集 |

というわけで、こんばんは。

この4ヶ月の間に色々とありました楓です。

ある程度落ち着いてきたので、ちょこちょこと更新していければなと思います。

まあ、かいつまんでいえば完全にブラックな起業者に捕まっていたのですが、そこから脱出することにしました。

働いていた場所の元請けは、向こうとこちらでこちらのほうを選んでくれたので、仕事の不安はほぼありません。

ただ、何せお金を搾取されていたので、まともな人間の生活を送るのにはまだまだ時間がかかりそうです。

ですので、ネット環境もなく色々と不便な状況での更新となりますが、頑張っていきます。